・・・・・毎月一回 日曜日の16時半から2時間「蕎麦打ち教室」と。その日の18時半から、「なんとなく蕎麦を喰う会」を開催いたします。第1回目  1月13日。参加希望の方はメールしてください。・・・・
  • 
寒山拾得の世界へようこそ
古の智恵袋ではありませんが、「文花的な寺小屋」みたいな カフェを目指しています。
珈琲を毎日焙煎し、蕎麦も手打ちで やっています。
週末にはいろいろなアーティストがやってきて、ライブを楽しんだ...

    長屋茶房「天真庵」のご案内

    寒山拾得の世界へようこそ
    古の智恵袋ではありませんが、「文花的な寺小屋」みたいな カフェを目指しています。
    珈琲を毎日焙煎し、蕎麦も手打ちで やっています。
    週末にはいろいろなアーティストがやってきて、ライブを楽しんだ…

  • 

 
広島「達磨」の高橋さんに、「直伝蕎麦打道場」で特訓後、天真庵で毎年1000人以上の人たちに蕎麦をふるまってきた庵主が、「石臼自家挽き蕎麦」を打ちます。
 
新作メニュー
「とんさま」
鹿児島の...

    石臼自家挽き蕎麦

     
    広島「達磨」の高橋さんに、「直伝蕎麦打道場」で特訓後、天真庵で毎年1000人以上の人たちに蕎麦をふるまってきた庵主が、「石臼自家挽き蕎麦」を打ちます。
     
    新作メニュー
    「とんさま」
    鹿児島の…

  • 「蕎麦打ち教室」
毎月一回 日曜日の16時半から2時間(蕎麦くらい自分で打ちたい、というニーズにこたえます)
5000円(材料費含む)
*エプロン、タオルを持参ください。自分で打った蕎麦を持ち帰りたい方は、タッパーなどを...

    「蕎麦打ち教室」と「なんとなく蕎麦を喰う会」

    「蕎麦打ち教室」
    毎月一回 日曜日の16時半から2時間(蕎麦くらい自分で打ちたい、というニーズにこたえます)
    5000円(材料費含む)
    *エプロン、タオルを持参ください。自分で打った蕎麦を持ち帰りたい方は、タッパーなどを…

  • 
珈琲豆の一粒一粒は、命の結晶です。水の一滴もしかり。
ふたつが、一如となって醸し出す珈琲は、まさに「粒々皆辛苦の一雫」
そんな繊細な苦みを味わうことができるのは、まさに「人間力」
一杯の珈琲にかかわるいろいろな「苦み」...

    卒啄(そったく)珈琲塾

    珈琲豆の一粒一粒は、命の結晶です。水の一滴もしかり。
    ふたつが、一如となって醸し出す珈琲は、まさに「粒々皆辛苦の一雫」
    そんな繊細な苦みを味わうことができるのは、まさに「人間力」
    一杯の珈琲にかかわるいろいろな「苦み」…

  • 文花的な寺小屋のお稽古ごと
日本的な文化を伝授する場になればという思いで、 書・花・お茶・蕎麦打ち・お仕覆・竹細工・・・など和のお稽古 をいろいろやっています。「和」の輪が静かに優美にひろ がっていくイメージです。

 ...

    お稽古ごと

    文花的な寺小屋のお稽古ごと
    日本的な文化を伝授する場になればという思いで、 書・花・お茶・蕎麦打ち・お仕覆・竹細工・・・など和のお稽古 をいろいろやっています。「和」の輪が静かに優美にひろ がっていくイメージです。

     …

  • 
新しい時代を前に、私たちは悲喜こもごも様々な思いに振り回されています。
「いったい、何のためにいきているの?」「本当の私って?」人は本来あるべき姿、あるがままの姿を模索し始めているのではないかと思います。

南條観山画...

    寒山拾得

    新しい時代を前に、私たちは悲喜こもごも様々な思いに振り回されています。
    「いったい、何のためにいきているの?」「本当の私って?」人は本来あるべき姿、あるがままの姿を模索し始めているのではないかと思います。

    南條観山画…

  • 丁寧に石臼で挽いた珈琲豆を、「珈琲ドリポット」で抽出する。
クラスターが小さくなる。つまりビールを備前の器で飲むと同じようなもので、珈琲の味が、きれ、コクとも、異次元にいざなってくれる。
焼締め、志野、弥七田織部、しろ、...

    一生使える・珈琲ドリポット

    丁寧に石臼で挽いた珈琲豆を、「珈琲ドリポット」で抽出する。
    クラスターが小さくなる。つまりビールを備前の器で飲むと同じようなもので、珈琲の味が、きれ、コクとも、異次元にいざなってくれる。
    焼締め、志野、弥七田織部、しろ、…

  • 
石臼で珈琲豆を挽いていたら、「深めの焙煎だけど、すごく甘い香りがしますね」という。
カウンターの端においてある石臼を見ると、大半の人は「蕎麦用」だと思っている。
石臼で挽いていても「蕎麦を挽いているのですか?」と聞く人...

    珈琲用特注石臼

    石臼で珈琲豆を挽いていたら、「深めの焙煎だけど、すごく甘い香りがしますね」という。
    カウンターの端においてある石臼を見ると、大半の人は「蕎麦用」だと思っている。
    石臼で挽いていても「蕎麦を挽いているのですか?」と聞く人…

  • 


「今年も、天真庵ではいろいろな音楽家たちが、楽しい音楽会をやってくれます。よろしくお願いします」
いろいろなライブが毎月企画されています。
下記の写真は、先日の「ニューイヤーコンサート」のリハーサルの写真です。
N...

    長屋Live

    「今年も、天真庵ではいろいろな音楽家たちが、楽しい音楽会をやってくれます。よろしくお願いします」
    いろいろなライブが毎月企画されています。
    下記の写真は、先日の「ニューイヤーコンサート」のリハーサルの写真です。
    N…

文花的なひとりごと