能登で始める三日坊主の珈琲塾

IMG_7289

 

「虹の岬の先の喫茶店」のオーナーを目指しませんか?

講義内容(基本的には、東京と同じ)

一回約二時間 5500円(自分で焼いた珈琲の200gはお土産)

(能登休みの午前10時(午後の部は13時)から二時間 定員2名まで)

一日目  焙煎の基本

焙烙(ほうろく)を使って焙煎。

それを自分でドリッパーで淹れる。

藤瀬の霊水を使います。

二日目  炭火の起こし方 

能登の珪藻土七輪の上に手回し焙煎機で焼きます。

それをドリッパーで淹れる。

三日目  炭火の起こし方

能登の珪藻土七輪の上に手回し焙煎機で焼きます。

それをドリッパーで淹れる。

これまで、なにをしても三日坊主のあなた、でもOK牧場です。

ぼくも大体が三日坊主でした。珈琲歴だけは、40年ちょっとです。

お店をもって、プロになっても、珈琲を淹れる手順は、お水を汲み(水道の水じゃね)、炭をおこし、焙煎をし、こころをこめて淹れる、の繰り返し。

そんな単調な毎日に、あきないのが商い、つまりプロになるということです。

このHPの「能登休み」という日程で、都合があえば、メールしてください。

mail

駐車場の場所などをお知らせいたします。

小さな集落なので、名刺やHPには記載しておりません。感謝・野村拝

 

「能登の珪藻土七輪を使って炭火焙煎を・・・」

・炭火を起こす

noto101

能登の珪藻土七輪に炭をいれます。なぜか、能登の「大野製炭工場」の炭との相性がいい!

手をかざすと、背中まで温かく感じます。炭火のやさしさが、珈琲にもいい、ということですね。

 

・炭火が赤くなったら、手回し焙煎機をのせ、世界中を巡礼してきた生豆を洗い清め、静かにいれます。

noto102

あとは、ガラガラと右回り(北半球では)に回します。般若心経など唱えながら

やると、すぐに爆(は)ぜてくれます・・ギャーテー ギャーテー・・

 

 

・二回爆ぜると、できあがり。

noto103

なぜだか、昔から焙煎した珈琲豆を風呂桶にいれて、チャフ(皮)をとばします。

この要領は、文章では伝承できません。教室で手取り、足取りしてチーパッパしましょう。

 

・縄文時代からある小さな火鉢に、残った炭をいれ、上に小さな錫の薬缶をおきます。

noto104

炭火が残ると、火消し壷に入れてもよし、火鉢に移して暖をとってもよし。

能登には縄文真脇遺跡があり、昔からこの土地で先人たちが「ゆたか」に暮していたことがわかります。

それにあやかり、縄文土器風の小さな七輪に、炭の残りを5個ほどいれ、能登の霊水「藤瀬の霊水」をいれて、沸かします。

唐時代の詩人 蘇東坡(そとうば)のこんな詩の境涯を味わえる瞬間 おもてなしの神髄

客致泉烹茶     (客の至れば泉を汲んで茶を烹る)

 

・こんな設えで、能登の珈琲時間をいっしょに楽しみませんか?

noto105

天真庵の器の90%以上が、久保忠廣さんにお願いしています。

左のドリッパーは、「縄文ドリポット」いいます。

上にのってる白い器は、「輪花(りんか)ドリッパー」です。

今(令和3年11月現在)は、こんな形ですが、もうすぐ新しい形になります。

珈琲碗は、グリップなしの唐津。

皮クジラといって、昔から茶人が好んだものです。

その後ろにガラスの瓶に、珈琲豆が入っています。

「びん」とか「かんかん」に、「元気シール」(TQ処理、という花が咲くエネルギーを波動転写してあります)を貼ると、豆の酸化がおさえられます。

20年以上、そんな風にして、珈琲豆を保存しています。

ぼくは織田流煎茶道で、お茶の修行をし、正教授の免状をもらいました。

家元に相談して「珈琲点前」をいれてもらおうか、と、けっこう真面目に考えております。

感謝・野村南九拝