卒啄(そったく)珈琲塾

  • 珈琲豆の一粒一粒は、命の結晶です。水の一滴もしかり。
    ふたつが、一如となって醸し出す珈琲は、まさに「粒々皆辛苦の一雫」
    そんな繊細な苦みを味わうことができるのは、まさに「人間力」
    一杯の珈琲にかかわるいろいろな「苦み」を、焙煎・抽出・喫茶を通じて感じあいたいと思います。

  • 不定期ですが、毎月水曜か木曜の午前中に開催したいと思います。
    一回の授業料5000円(焙煎した珈琲を飲む・200gの焙煎豆土産付き)ご希望の方はメールをください。初心者熱烈歓迎!

いい塩梅に焙煎された豆を珈琲専用の特製石臼でゆっくりゆっくり手挽きで仕上げています。

 

 


一生使える・珈琲ドリポット


丁寧に石臼で挽いた珈琲豆を、「珈琲ドリポット」で抽出する。
クラスターが小さくなる。つまりビールを備前の器で飲むと同じようなもので、珈琲の味が、きれ、コクとも、異次元にいざなってくれる。

焼締め、志野、弥七田織部、しろ、染付の4種類がある。ひとつひとつ風合が違うので、お店にきて、目で見て、手でふれ、気にいったものを選んでください。

IMG_20161009_165154

IMG_20161009_165405

 

ネット通販はいたしません。感謝・庵主。